秀歯科医院

両方の奥歯でおいしく食べるために|愛媛県新居浜市の秀歯科医院

EPARK

 

QRコード

 

HOME»  秀歯科医院の4つの治療理念

秀歯科医院の4つの治療理念

全身の改善・最小限の費用・十分な説明・定期健診

当院には以下の4つの理念があります。

 

全身の改善 最小限の費用 十分な説明 定期健診

 

1.身体全体を改善するという視点で歯の治療を行う。
2.最小限の費用で、出来るだけ効率的に早く治療を行う。
3.十分な説明をし、患者さんの同意と協力のもと、治療を進める。
4.治療後は定期検診を必ず実行して、出来るだけ長く両方の歯でおいしく食べれるように努める。その結果、やり替える事が減って費用が抑えられます。

 

歯医者さんで歯を治療するということは、
「歯、口腔内だけの問題」と思っていらっしゃる方も多いと思います。
歯は身体の一部。食物を噛み、飲み、食べる・・・
ひいては生きていくためにも大切な器官です。
そのため、歯の噛み合わせは身体全体の健康バランスに非常に関係していると当院は考えます。

当院では、歯を治療して、噛み合わせを良くしていくことで身体全体の健康をも改善していく、そのような考えに基づいて治療をしています。
肩こりがつらい、片頭痛がひどい、姿勢が悪い・・・等でお困りの方も、歯を治療することで改善されていくかもしれません。歯の治療前に、現在の体調のことなどもお話しいただける範囲でかまいませんので、当医師、スタッフ等におっしゃっていただけましたらと思います。

 

全身の改善・最小限の費用・十分な説明・定期健診

 

(※)病気には様々な要因が関係しています。
歯の治療により全ての病気が完治するということではございません。

また、できるだけ早く治療を完了させるためには、医師である私と患者さんの相互の協力関係が必要です。
患者さんの協力のもと、説明をしっかり行い、十分理解をしてもらった結果として、医師は“良い治療”を成し得ます。
患者と医師の双方の合意のもとに進めて行く治療にこそ素晴らしい理想のゴールがあると思っています。

 

歯科治療は「歯科医師」と「患者さん」の二人三脚

できるだけ満足できる治療結果を得るためには、医師である私と患者さんの相互の協力姿勢が必要です。

 

医学の父と言われるヒポクラテスが、「医師ばかりが頑張っても“良い治療”とはなりません。」という言葉を遺しています。患者の協力のもと、医師は理解してもらえる説明を十分にした上で治療を施していくことではじめて“良い治療”は成し得ます。患者と医師の双方の合意のもとに進めて行く治療にこそ素晴らしいゴールがあると思っています。

加えて、具体的に当院では、一般的な歯科治療の頻度である“一カ月に一度”や“一週間に一度”ではなく、患者さんの可能な限りの回数、極端にいえば、私が必要であると考えれば毎日でも来ていただきたいと考えています。

 

歯科治療は「歯科医師」と「患者さん」の二人三脚

 

一所懸命早く治したいという要望にはこちらも全力でお応えしていきます。

例えば野球選手が腕の骨を骨折したとしたら、治療のためにつるして休ませることができます。
ところが歯は片ときも休ませることができず、一旦治療が始まれば必然的に使いながら治すことをしなければなりません。そうなるとやはり、ダラダラと時間をかけるのではなく、早く治すことが大切になってきます。

歯は体の一部。
そして身体全体の健康には左右両方の歯を同じ程度に使っていけることが重要となります。
流行に捉われず、今ある歯でどうすることがベストかを患者さんごとに日夜考えて工夫しています。

 

診療時間・アクセス

診療時間・アクセス