秀歯科医院

両方の奥歯でおいしく食べるために|愛媛県新居浜市の秀歯科医院

EPARK

 

QRコード

 

HOME»  定期健診について

定期健診について

定期健診にかかる費用について

当院は、4~6ヵ月毎に、必ず、点検(検診)に来ていただきます。口の中の治療は、延命処置であり、二度と来院しなくていいですという、治療はありません。

自分一人では、十分に守れないのです。だから、せめて私たちが、専門の器材で消毒したり、汚れを取ったり、そして、これが最も大切なのですが、上下の歯のあたりの調整をするわけです。

この点検(検診)は、今現在、初めて来院した時点で3割負担により500円程、汚れを取ると、上下で800円程度の費用負担となります。また、詰め物の取り替えが必要な場合は、1本あたり700~1,000円程の費用がかかります。
特にプラスチックの詰め物は点検2~3回に1回は、取り替えたほうが良い場合が多いです。

 

定期健診にかかる費用について

 

なぜならば、口の中には、脂物(あぶらもの)や色素が入ってきて、プラスチック内に染み込むからです。
汚れた物がはりついていれば、生身の歯は虫歯が見えないところで進行することになります。
要するに、4~6ヵ月毎に定期的に見ていって、早め早めに処置をしていくのが、お金と時間の節約になるわけです。私たちと患者さんの付き合いは、一生終わらないのです。

 

定期健診について

皆さんは、歯科治療って、痛くなってから行けば良いと思っておられますか?しかし、たとえば、痛い理由が悪性腫瘍(ガン)であれば、みなさんの命はないかもしれないですよね。

私が申し上げたいのは、”歯の痛みが出てからではある意味遅い。もちろん痛みを消すことはできますが、歯の程度は一ランク下がってしまいます”ということなのです。

 

定期健診について

 

定期健診について

 

体の他の部位であれば、骨折にしても目や鼻の不具合でも、直してあげれば、一生そのことで治療を受けることはないのかもしれません。
もちろん年をとることで、組織は生理的に弱くなりますが、いっきにランクがガタッと下がることはないでしょう。
しかし、歯の病気はちがうのです。自分の体が自分の歯を治せないのです。ほうっておけば確実に歯の強度は落ちていきます。

 

健康な歯の質はどんどん失われ、やがて頭の中の脳にたとえられる神経組織に虫歯が達してしまうと、歯は生木から枯れ木になってしまいます。
こうなると明日の運命は語れなくなり、割れて、抜く破目になったりもします。だから治療も保険の材料ではまもりがたくなり、自費で直した方がよくなって費用もかさみます。
ですから何かあればスグ、無くても4~6ヶ月ごとに診せてもらうことが、歯の延命につながり、ひいては、皆さんの体の延命にもつながるのです。

 

定期健診について

 

診療時間・アクセス

診療時間・アクセス