秀歯科医院

両方の奥歯でおいしく食べるために|愛媛県新居浜市の秀歯科医院

EPARK

 

QRコード

 

HOME»  親知らずの取り扱いについて

親知らずの取り扱いについて

歯というものは、元来噛むことが役目です。ですから、その親知らずが、もし、相手の歯があって、噛みあっているのなら、できるだけ残すべきと考えます。

しかし、すでに大きな虫歯ができていて、痛みを出している場合は、抜歯しなければだめな時もあります。親知らずは、奥にはえてきて、患者さん自身が磨いても汚れがとれない場合が多いのです。私たち医者も自らの手指が思うように動かせて十分な治療ができないことが多いのでやむなく抜歯となります。プラスとマイナスを考えそれが大きい方をえらんで対処すべきと考えます。

やはり目指すはできるだけ早く両方の奥歯で気持ちよく食事ができる様にもっていってあげることと、私は考えています。

 

親知らずの取り扱いについて

 

親知らずによる症状・治療・料金など

悪化時には疼痛、腫れ、食事の不具合などがみられます。
痛みは山登りと同じで時間とともに激化し、ピークをむかえると治療に向かいます。

治るまでの時間は人それぞれです。

どちらにしても、抜歯をする場合が多いですが、咬みあっている相手の歯を抜歯すべき場合もあります。
歯みがきがしづらかったら、うがい薬などを使用してもいいです。

料金は、保険適用で治療できますので、たいしてかかるものではありません。

 

診療時間・アクセス

診療時間・アクセス